第3バージョンマイクスタンドこうやって作ったぜ!! 

ご希望の方がおられましたらお作りします!!
メールでお問い合わせください!


奥のスタンドが最初に作った物です。
手前が今回作った第三弾のスタンドです。
第三弾を作るまでに5台ほど作りましたが、こ
のスタンドの要は、基台の部分です。
いかにオリジナルの雰囲気を出すかを重要
視しました。

最初はパイプの外径を支柱22ミリ、足19ミ
リを使用してましたが、今回はすべてのパイ
プ径を22ミリに統一しました。

足のゴムキャップが22ミリ用の物が用意出
来た為です。
今まではホームセンターで売られているパイ
プキャップが19ミリの物しか入手出来なかっ
たので、仕方なく19ミリにしていました。

このスタンドのもっとも肝心な基台です。
仕事の関連で知り合いのアルミの加工業者
さんに協力をお願いして作って頂きました。

真中が最初に作った基台、右が第二弾、左
が第三弾です。
最初は雰囲気だけを求めてましたが、やはり
欲が出るものでオリジナルを求めてしまいま
した。
↓これ本物!
パイプを寸法切りして仮組をした状態です。
支柱も長さはマイクホルダーの10センチ分
を差し引いた自分の口元の高さに合わせて
ます。足の長さは25センチにしました。

基台のパイプ穴径はかなりシビアに作っても
らってるので、まったくガタはありません。

まあ、やりませんがマイクターンをしても大丈
夫なようにしてあります。






塗装です。
基台部分は足パイプをはめこんだまま塗装し
ます。別々に塗装をすると塗装の厚みでパイ
プが基台に入らないのでこの状態でします。
短めのパイプを支柱部分に差しての作業で
す。
















支柱部分は基台に入る分だけをマスキング
をします。
パイプに紐を通して水平の状態での作業で
す。この方が液ダレがしにくく綺麗に塗装でき
ます。







塗装完成です。
マイクホルダーです。
少しやわらかいプラスチックで出来ています。

さてこれをどうやってパイプにしっかりと取り
付けるか??

マイクスタンドを作る上で一番考えた部分で
す。
マイクホルダーには右に付いているねじ変換
アダプターが付属しています。
これを利用します。
この変換アダプターは外側と内側にねじ山が
切ってありますが、内側のねじはウィットとよ
ばれるねじ山で3/8(3ぶ)というねじ径になり
ます。
そこで3/8のボルトを利用します。
ナット2個を互いに締め付けて固定してしまい
ます。
真中のアダプターはおまけと考えてください。
支柱のパイプの内径が18ミリになるので、ナ
ットを18ミリプラス目に削ってしまいます。
そしてパイプにかち込んでしまいます。
最後まで入り込みませんでしたが、まず抜け
る事はないです。

これでマイクホルダーを頑丈に取り付ける事
ができます。
次に、マイクホルダーも可とう式になってるので、固定してしまいます。
2か所穴をあけて
ピンを差し込んでしまいます。
これで固定されてしまいます。
支柱とマイクホルダーを取り付けた際に接合部に負担が掛からないように、別のパイプで被せてしまいます。
支柱の22ミリの合わせたパイプの為、マイクホルダーの部分を、このパイプの内径に合うように削ります。











こんな具合になります。









そして支柱に取り付けです。


完成!




スペシャル仕様
スペシャル仕様です。
マイクターンをされるということで、足をとめるねじ穴を増やしました。
また、外径を少し大きくして、足パイプの差し込みシロを深くしました。






2011年1月某日
秘密基地工房での一コマ!!全てスペシャルバージョン!それぞれの高さに合わせてます!!





こんなタイプのも作りました!


お店のカウンターに置いて飾りたいとの事で!
ミニバージョン!!
フレディ−マーキュリーのように
歌いたいとの事で!!
フレディ−仕様

トップへ
トップへ
戻る
戻る