洗車うんちく講座



自分なりの洗車についてのお話です。

今まで乗り継いできた車の洗車といえば、水洗い→ワックス(特に固形)というような方法でして
きましたけど、今回は車体色が初めての黒色ということで今までの洗車では擦り傷が目立つこ
と極まりなし。水洗いは当然スポンジを使いますが、拭き上げるときの布から考えなければな
らないような事に!具体的にうんちくを並べると

@中途半端な洗車はしない。汚れたら気にしないでほっておく。
    汚れてるからと下手に拭こうもんなら傷だらけ!埃がサンドペーパーのような物。
    風の強い日は洗車しない!水洗いした後もう埃だらけ!


A家庭にあるタオルやウエスなどを使わない。擦り傷の大きな原因。
    今まで思わなかったけど、タオルで拭きあげると細かい擦り傷が付く付く。乾いたタオル
    はなお更だが、濡らしていても結構擦り傷付きます。
    セーム皮か同等の人工セームの洗車クロスを用意して拭きあげる。このクロスの良し 
    悪しでボディーへの影響は大です。何種類試したことか!!
現在は人口セーム革を2枚使用しています。


Bワックスの観念を変える。
    今までシュアラスターを使って満足をしていました。固形や半ねりのワックスはそれはそ
    れなりにいいけど、拭きあげる際にある程度固まってしまい、それも擦り傷の原因と会 
    釈。水を拭きあげる時に同時にワックスがけが出来る物を使う。

と言うことで、
洗車方法としたら、汚れるまで汚しておいて洗車。たっぷりと水を流しながら(これは鉄則)丁寧
にスポンジでよく洗い流す。シャンプーは使ったり使わなかったり。僕は「ゴールドグリッター」
いう物を使っています。ワックスいうよりはコーティング剤に似たような物で、ガラス・ボディー等
あらゆる所に使える物です。拭きあげる際に、これを希釈して車に霧吹きで吹きかけるかクロ
スに染み込ませて、車全体をガラスも同時に拭き上げます。これで、拭き上げと同時にコーテ
ィング掛けが終わり。これだけで洗車は終了というわけです。車を拭くという作業が1回の為、
擦り傷の付く割合が大幅に減ります。
事実、最初は普通にワックスがけをしていた時は、その度に擦り傷が付いていくような状態でし
たが、この方法に変えてからは擦り傷は増えていません。

黒色はメンテナンスが大変だとは聞いていましたけど、ここまで気を使わないと駄目だとは正
直思っていなかった。でもある程度の方法を見出せばメンテナンスも楽になります。長く乗りた
い車だから愛情注いで上げないとね!!





写真では判断しにくいけど良く映ってるでしょ!!



ホイールに関してもフィンの部分が掃除しにくいのでスポンジにこのように切れ込みを
入れて使います。これでスポークの間も簡単に洗うことができます。

ちょっと意識改革!!

自分の洗車の方法についてはこれといって疑問はないんだけど、ボンネットを眺めていたら光
沢・深みが何となく薄れているように感じた。高級なワックス(5000円くらいしたかな?)を持って
いたので自分では邪道とは思いつつボンネットにワックスを施してみました。やはりカルナバで
の色合いはいいですね。約10ヶ月ぶりのワックスになりましたけど、濡れたような深みのある
色艶がでました。小さな擦り傷なんかも目立ちにくくなりました。
結局調子に乗って全部ワックスしてしまいしました。たまにはいいかも。後々の洗車は例のごと
くゴールドグリッターでの洗車になりますが、深みのある色艶やは継続しています。たまにはワ
ックスを施すのもいいかもしれませんね!!


追記!!2005年10月
【ゴールドグリッターエボリューション】
ゴールドグリッターエボリューションが出ました。従来の物より進化している!


 


エボリューション
従来品

EVOLUTIONエボリューションを施したボディの表面の水分は、強い撥水効果により、しっかりと
した水滴となり流れ落ちる。 従来のGold Glitter従来のゴールドグリッターの撥水効果は独特
で、水滴を形成することなく、水分そのものをコート剤の表層で流れ落とす・・・・・・という物。

従来のと比較しても優れていると思います。何がと言われると困りますが、使っていての感触
ですね。ただ価格が8400円!?なんで購入にはちょっと度胸がいるかな!希釈して使ってい
るので上手く使えば1年は持ちそうな感じです。とは言え一番のお勧めは洗車が大変らくだとい
う事です。何しろワックス掛けが必要ないのですから。樹脂のモールなどの部分も使えるので、
1年を経過したオデも樹脂部分は黒々と光沢を出しています。 人工セームの洗車クロスとも相
性がとてもいいです。ふき取り時も水の拭き筋も残りません。
おうちゃくな自分にはこのゴールドグリッターはバッチリですね!


こんなのを購入してみました!


洗車用のミトンです。
GSで使う業務用の品で、使わせてもらったら大変良かったのでGSで取り寄せてみました。
中国製ですが、毛の部分はオーストラリヤ製のミトンです。スポンジよりはボディに優しいでしょ
う。寒い時期でも手も濡れることなく短時間で洗車が出来ます。ミトンが痛めば交換もできます
から経済的といったところでしょうか。


Blissを施工してみました。


みんカラ等ではブリスを使用されてる方がたくさん見受けられます。
オデを購入時に半年間隔(計5回契約)でポリマーを施工していますが、前回のポリマーにあま
り良い印象が無かったので、自分でブリスで施工してみることにしました。最終5回目のポリマ
ーは諦めました。

(施工感想)
施工の方法はいたって簡単!!ただボディーが熱い状態は避けたほうがいいですね。染みの
ようにまだらになり、大変な時間を費やすことになりそうです。私は夜に行いました。

(施工後の印象)
カルナバワックスのツルツル感とは一味違いますね。施工直後は氷を滑らしているよなツルツ
ル感です。
光沢はカルナバのような深みのある感じでは無く、とにかく光ってるといった感じでしょうか。施
工後何回か雨に降られましたが、汚れの付き方は少ないように思われます。

(厚塗り)
最初の施工後から48時間経過した時点で、濡れたクロスに直接ブリスを吹きつけてすぐに拭
き取る方法で施工しました。これでブリスの皮膜が一層厚く出来ました。ムラが出来やすい方
法ですが部分的に手早くすれば、ワックスを塗るより早く施工は出来ます。

ブリスのメンテ方法として、普段の洗車は従来どおりゴールドグリッターを使っています。

施工時のボディ状態をそのままガラスでコーティングする訳ですから、ボディ表面に染みやウォ
ータースポットが残っていれば良いことはないでしょう。ブリス本来の効果を出したいなら、下地
処理を完璧に行えばいいでしょう。

使ってみた感想としてブリスの性能の良さは納得できる結果でした。
お勧めだと思います!

追記!!
ブリスの効果を知る一つの出来事がありました。
それは・・・ブリスをホイールにも施工していたのですが、ここ2週間休日に限って天候が悪く洗
車をしていませんでした。特にホイールがブレーキダストで汚れていた為、ジャぱネットたかた
で購入した高圧洗車機で軽く流そうとやってみたら、ダストが流れていく!!!これだけでホイ
ールがぴかぴかになりました。今までになかった経験なので、驚きました。ダストは中々落ちに
くいんですが・・・  汚れが付着しにくいんですね。これはブリスの効果ですね!
ボディも2週間洗車して無いにもかかわらず意外と綺麗です。雨が汚れを流しているような雰囲
気ですね。

戻る
戻る